Pocket

子供ができてから料理するようになり、ふと思ったのは

「料理って作るのと買うのはどっちがお得なのか?」

なんとなく作るほうがお得かなと思いますが、具材の種類や量で結構変わってくるのかなとも思います。
なるべくその辺も考慮して、

最近作った「お好み焼き」を例にまとめてみました。

何回作ったかわからないほど作っています。

作った場合のお好み焼きの価格

まずは普段私が作っているお好み焼きを例に、価格を算出してみました。

手作りの場合の材料費
 ①お好み焼き粉 230円(私の好きな魔法のお好み焼き粉の場合)
 ②キャベツ 1玉 150円
 ③豚肉 1パック 300円
 ④卵 4個 80円
 ⑤おたふくソース 適量 50円
 ⑥青のり 適量 20円
 ⑦かつお節 適量 50円
 ⑧サラダ油、マヨネーズ、ガス代、水、電気等は省略
合計 880円/8枚 ⇒ 110円/1枚

1枚あたり110円!

それぞれの価格が前後することはご了承ください。

いつも使っているお好み焼き粉。私はこれ以外の粉だと上手く作れません。

買った場合のお好み焼きの価格

今でこそ作っていますが、学生の頃はよく西友などのスーパーで買ってチンして酒のつまみで食べていました。

冷凍食品でもおいしそうで、ソースやかつお節などが当たり前に付録されていますよね。

さてその価格は感覚的には200円~300円ですが、
ネットによるとテーブルマークのごっつ旨いお好み焼きは400円
怪しげな冷凍のお好み焼きで140円
セブンイレブンのいかとえびの海鮮お好み焼き 200円

これは400円
これは200円

意外と安いですね。冷凍食品。
惣菜もほとんど同じくらいの価格帯でした。

まとめ

どっちがお得?買うか作るか お好み焼き をテーマに書いてきましたが、
結論からいうと作ったほうが安いです。

しかし価格差はほとんどない!

作ることが手間と感じたり時間がもったいないという人は、セブンのお好み焼きが安いことがわかりましたのでおススメいたします。

少なくともお好み焼きに関しては、作ることが楽しいので、惣菜や冷凍食品を買うことはないかと思います。
作るにしても油断すると高く付きますので注意が必要です。
具材に関しては、特売狙いが必要ですね。

お好み焼きの惣菜や冷凍品を買うなら高くても200円以下が狙い目です!