Pocket

サプライズが苦手な私でも、簡単に手早く感動的なホールケーキを作れたのでご紹介したいと思います。

結果的に妻は感動して泣きそうになっていました。

手作り感満載ですが、最終的にできたのがこちら。いちごたっぷりシンプルな5号ホールケーキです。

材料調達

まずは材料調達です。

今回作成のケーキは大きく分けて、「スポンジ部分」「クリーム部分」「いちご」の三つを揃えれば出来上がります。

スポンジ部分

プロはスポンジ部分も作るのでしょうけど、私は素人(生クリームのホールケーキ作りは人生初)なので、スポンジ部分は買うことにしました。

近所のスーパーには無かったので、川崎ラゾーナのサンワにて発見。

なんと5号税抜き298円!予想より安く調達できました。しかもこれ上下で2分割されているので、間にスライスいちごが入るタイプになっています。

参考までに、近くのスーパーにはスポンジケーキの素が売っており、裏に作り方が書いてあったのですがトータル最速でも1時間はかかるようです。混ぜて焼いて冷やす必要があるのでそりゃ大変ですよね。。

クリーム部分

これは生クリームから作ることにしました。買おうとしていた市販スポンジの裏面に分量が書いてあったので、300gと。300g=300cc=300mlみたいです。

スポンジ付近に売っていた生クリーム(下絵の右)だとちょっと足りなかったので、しぼるだけの生クリーム(下絵の左)も買っておきました。

しぼり袋もあると良いですが、なくても大丈夫でした。

いちご

形がいびつだけど大きいのと、形がいいけど小さめのがありましたが、ケーキにのせる用なので小さ目の形が良いイチゴにしました。とちあいかといういちご498円(税抜)で1パックに10個以上入ってたと思います。

最後にグラニュー糖は家にあったので買わず、オレンジリキュールもぶどうジュースで代用しましたので買い物はここまで。なんと1407円!

料理開始

さて料理開始です!すでにスポンジが出来上がっている安心感。

途中で子供にお手伝いしてもらえるポイントもあったのでご紹介です。

袋から出すと、上下に2分割されているので、下側の上部分にシロップを塗ります。シロップは、オレンジリキュールと砂糖とお湯で作るのが良いみたいですが、無いのでぶどうジュースと砂糖とお湯で作りました。

ちょんちょんと塗り付けるだけです。アクセント的な感じですねきっと。オレンジ系のほうが良かったかもしれません。

その上にスライスして水気を切ったいちごをのせます。特に順番はどうでもよいと思いますが、私は先に生クリームを作り出しました。

初めてケーキ用に生クリームを使います。氷水で冷やした上で混ぜるみたいですのでこのようにしました。

生クリームを入れて混ぜること5分~10分くらい。途中で全然さらさら感のままだったので、不安になりましたが突然以下のように生クリームっぽくなりました。電動の混ぜる機械があったほうが良いのかもしれませんが、無くても大丈夫でした。

お手伝いポイント①

ちなみにここはお手伝いポイントで、子供にも混ぜてもらいました。

いちごをスライスして、スポンジの下部分の上側にたっぷりのせていきます。

そしてホールケーキっぽく、全体にべったりと生クリームをぬって、上側の周りにホイップクリームの絞りでちょんちょんとクリームを良い感じにのせます。

お手伝いポイント②

仕上げにいちごをのせます。ここもお手伝いポイントです。

プレートやろうそくなど、あってもいいですね。写真はないですが、100均によくあるカラフルチョコスプレーをふりかけて完成でした。

最後に

冷蔵庫に入れておき、奥さんが帰ってきて冷蔵庫開けてびっくりです。

出来栄えよりも、「子供たちと一緒に作った」ということが何より心に響くと思われます。

やらしい話ですが買うと3,200円するみたいですね。今回作った結果半額以下でできました。

https://www.cozycorner.co.jp/product/anniversary/87123.html

ただ今回は何よりも「手作りでよかった」と、妻の笑顔が物語ります。。

以前作成した生チョコタルトも評判良かったのでオススメです。